メインイメージ画像

コンタクトを店舗や通販で購入する前に医師の検査を受けましょう

コンタクトはだれでも使用出来るものではありません。結膜炎や角膜炎などの病気がある人や極端に涙の量が少ない人、神経質な人などは使用することができません。コンタクトを希望するときにはしっかりと眼科医で検査を受けてその処方箋に従って購入することが大切になってきます。昨今では眼鏡屋などコンタクトを置いてあるお店のほかに、通販でも、眼科医の処方箋をもとに簡単にいろいろな種類のコンタクトを購入することが可能になっています。



レンズにはハードレンズとソフトレンズがあります。自分の目がどのタイプに向いているのかを眼科医に相談してから購入することが大切です。医師との相談、処方箋により、自分に合ったコンタクトを購入することが最も大切で、通常の店舗でも、あるいは通販でも、購入するときには自分の目にしっかりとあったコンタクトを購入することが大切です。ただ見えにくくなったからと言って医師の処方もなしに購入することは厳に慎みたいものです。



コンタクトを購入するときはいろいろな費用が掛かってきます。検査料、レンズ代、ケースや洗浄液などの付属品代が必要になってきます。通販で購入するときなどはこのような付属品がついているかしっかりと確認をして購入することが大事になってきます。大切な視力を矯正するために購入するレンズになりますから、価格の安さで選ぶのは避けたいものです。

目の異常やレンズが破損した場合に、素早く対処できるかどうかも重要な点になってきます。

レンズに何かしらのトラブルが発生した時にしっかりと対応してくれるお店選びも大切になってきます。
アフターケアがしっかりとしている眼科や眼鏡店、通販ショップを選ぶことが大切で、レンズを紛失したり破損したりしたときの保証制度について確認しておくことも重要です。レンズを購入するときは眼科医の処方箋に基づいて購入することが大切ですから、処方箋を必要としないお店での購入はなるべく避けたほうが無難であり、安心にもつながってきます。