メインイメージ画像

コンタクトレンズを使う時は定期検査を受ける必要があります

視力が悪い人はたくさんいて、中でも眼鏡よりコンタクトレンズを使用している方は大変多いかと思います。コンタクトレンズを使用する場合は、定期的に眼科で定期検査を受ける必要があります。視力は、何年も同じではないのでこまめに測っておくと良いです。自分の視力に合っていないものを使用することは、目にとても負担がかかっています。なので、負担をかけないためにも視力に合わせたコンタクトレンズ選びが重要になるのです。

定期検査は、ただ視力を測るだけでなく目のトラブルになっていないかなども診察してくれます。

コンタクトレンズをすることでの目のトラブルはたくさんあります。雑菌により、結膜炎などになりやすく目に傷をつけてしまっていることがあるのです。そういったことを調べてくれるので定期検査はきちんと受けると良いです。定期検査を受けることで眼病予防にも繋がると思います。だいたいは、半年程度で受ければ問題ないのでそれを目安に眼科に行くと良いです。

眼病予防対策としても定期検査を受けることは大切ですが、普段家庭でしっかりケアをすることも大事です。

まず、使用したコンタクトレンズは専用の洗浄液できれいに洗い流して清潔な専用ケースに保存液を入れて保管します。目を洗浄するために、目自体を洗うことも眼病予防に繋がります。定期検査では、そういった自宅で出来るケアの仕方もしっかり教えてくれるので安心して使用出来ると思います。ケア用品も眼科で購入することもできて便利です。

コンタクトレンズを購入する場所ですが、専門店と眼科での購入が可能です。